工務店数:愛媛 43 /香川 71

実例集:愛媛 5032 /香川 6655

イベント:愛媛 12 /香川 41

香川の家「木のやさしさに抱かれて家族と一緒に育つ家。」|香川の家・愛媛の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

香川県

木のやさしさに抱かれて家族と一緒に育つ家。

  • 木のやさしさに抱かれて家族と一緒に育つ家。

    片流れの屋根と垂直に切り立った壁、表情豊かな玄関面。いかにもシャープでスマートな印象の外観。

  • 木のやさしさに抱かれて家族と一緒に育つ家。

    まるで昭和にタイムスリップしたかのような空間。懐かしい気分と同時に、やさしさや温かさといった大切なものを呼び起こします。

  • 木のやさしさに抱かれて家族と一緒に育つ家。

    レトロな照明も和の雰囲気あふれるT邸にぴったり。家族を温かく包みます。

  • 木のやさしさに抱かれて家族と一緒に育つ家。

    ひさしを深めにとれば、シャープな外観にも表情が生まれます。素材感の違いも楽しめそう。

  • 木のやさしさに抱かれて家族と一緒に育つ家。

    ロフトにはちょっとした遊び心をプラスして。

  • 木のやさしさに抱かれて家族と一緒に育つ家。

    若い人は省きがちな床の間も配置。ご主人の律儀な性格を物語っています。

  • 木のやさしさに抱かれて家族と一緒に育つ家。

    梁を残した天井は表情豊か。和紙の照明も雰囲気にぴったりです。

  • 木のやさしさに抱かれて家族と一緒に育つ家。

    布団だんすをイメージした靴箱。さりげないこだわりは、料亭にでも来ているかのよう。

→
→
Story(お客様レポート)

一見、ホワイト&ブラックのシンプルなツートンカラーが目を引き、ガルバリウム鋼板の片流れ屋根と壁とが印象的なフォルムを描くこの家。さぞやスタイリッシュに住まわれているのでは?と思いきや、一歩中に入ったとたんに、予想は見事なまでに裏切られました。
 玄関ホールからそのまま続くLDKを拝見しただけで、住まう人の飾らない人柄が透けて見えるかのよう。なかでも特筆すべきは、床面から一段高くして琉球畳敷きとした食堂です。裸電球の照明にテーブルはちゃぶ台! 懐かしくも温かい昭和の暮らしが、不思議としっくり調和しています。
 この純で素朴な雰囲気は、どうも無垢の素材使いからかもし出されてきたものらしいことがわかりました。たとえばそれは、クロスではなく漆喰の塗り壁であったり、焼きというひと手間を施して古材風に仕上げた木材であったり。設計士が語る「それでも高級素材を使っているわけではなく、逆に素材でお金をかけなかった分を職人の技で補った感じ」という言葉どおり、ほとんどの建具は現場手づくりのものなのだとか。
 これら数々の味わい深さは、もともと近しい存在だった施主と設計士が納得いくまで意見のやり取りを重ねた成果。そのかいあって住んでみての感想は、「くつろげる」(ご主人)「目立たない対面キッチンはお気に入り」(奥さま)とおおむね不満もないご様子です。
 このように、自然のやさしさを生かした家というのは、住まう年輪が増すに従って愛着も深まっていくもの。子どもたちが笑顔ですくすく成長する姿にも似て、手間ひまかけて愛情を注いだ家は住まう家族と同じく健やかに育っていくのでしょう。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども2人

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    自然素材住宅 和を感じる家 キッチンにこだわった家 インテリア&収納にこだわった家

  • 延床面積

    111.76m²

  • 1F

    57.94m²

  • 2F

    53.82m²

この家を建てた地元工務店

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい