工務店数:愛媛 40 /香川 73

実例集:愛媛 5222 /香川 7118

イベント:愛媛 5 /香川 37

香川の家「見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。」|香川の家・愛媛の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

香川県

見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。

  • 見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。

    街なかの住宅密集地という条件で、限られたスペースを最大限生かした広々とした家が完成。凛とした佇まいが印象的。

  • 見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。

    19帖のLDKは、床がパインの無垢材なので感触がやわらかく、素足で過ごしたいほど。時間によっては床に陽だまりが。

  • 見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。

    遮熱シートの素材は宇宙服と同じもの。壁と屋根に張って家じゅうを包むことで外気温に関係なく室内温度を一定に保ちます。

  • 見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。

    省エネの秘密は地熱床暖房。パネルを床下に敷き詰め、夜間電力と地熱を利用したエコな仕組み。

  • 見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。

    玄関の床も無垢材。天然の木の風合いと白い壁がやさしい雰囲気です。巧みな窓の配置で明るい玄関。

  • 見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。

    勝手口と洗面所に近いので、生活動線を短縮できます。収納庫の広さも魅力。

  • 見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。

    琉球畳のモダンな和室は日当たりもよく、仕切れば客室としても使えそう。

  • 見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。

    遮光を考え、カーテンレールはサイドまで光をカバーできるめずらしいタイプ。

  • 見えないところに仕組み。住み心地を求めたやさしい家。

    床には数ヵ所の通気口があり、ここから床下の温まった空気が流れ込みます。

→
→
Story(お客様レポート)

 下町の風情が残る古い町並みの一角にK邸はあります。コンパクトな町に、今も情緒ある商いが息づくエリアで、市主催のまち歩きツアーも行われています。そんな歴史ある町で、明治初期の断髪令の時代から親子3代で理髪業を営んできたK邸。以前の店舗兼住宅も築88年という長寿住宅でしたが、シロアリ問題や耐久性などから建て替えの時期が迫っていました。
 そんなとき、住まいる館さんのチラシと出会い、家づくりに本気で向き合うことになったとか。「完成見学会や構造見学会にも行って、コストパフォーマンスの高い住まいる館さんにお願いすることにしました」とKさん。とくに、構造見学会に行ったことが大きな決め手になったようです。構造見学会は、通常完成してしまってからは見られない構造面をチェックできるので、筋交いや基礎など耐久性部分を見極めるいい機会だったと言います。
 実際にK邸のこだわりは見えない部分に隠されています。そのひとつが地熱床暖房。建物の地下部分にヒーターパネルを設置し、夜間電力を利用して地中に熱を蓄えます。その地中熱が床面を通して放熱を続けることで24時間快適な室温で過ごすことができるのです。また、屋根と壁には遮熱シートを張り、太陽の熱を97%もカット。床下と外壁のふたつの構造で実現した高気密・高断熱の家は、季節を問わずエアコンを最小限に抑えることができる家計にもうれしい仕組みです。
 「長年商売をしてきた両親が、ゆっくり暮らせる快適な家にしたかったので、住まいる館さんに依頼してとても満足しています」。Kさんの家づくりに対する思いの根底は、両親への思いやりであふれていました。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    4人

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    性能重視の家 自然素材の家 ライフスタイル 和を感じる家 頑丈な家 インテリア&収納にこだわった家 バリアフリーの家 オール電化の家

  • 延床面積

    151.84m²

  • 1F

    87.09m²

  • 2F

    64.75m²

この家を建てた地元工務店

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい