工務店数:愛媛 43 /香川 71

実例集:愛媛 5032 /香川 6655

イベント:愛媛 12 /香川 41

香川の家「デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。」|香川の家・愛媛の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

香川県

デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。

  • デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。

    片流れを生かして吹き抜け&ロフトを確保。深い軒の強度を保つ方杖(ほうづえ)も外観のアクセントに。

  • デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。

    露出した小梁の流れが空間に絶妙なリズムを与えるLDK。水まわりやトイレ、収納室などに直結し、巨大なワンルームのような構造。

  • デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。

    ご夫妻で塗ったという塗り壁。シェフであるご主人が器用なのは想像できますが、実は奥さまもかなりの芸術肌。オリジナリティあふれる家づくりもふたりの感性があってこそ。

  • デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。

    翔琉君の部屋の小窓からは、リビングや階段横のパソコンコーナーにいる両親とも会話ができます。

  • デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。

    愛嬌のあるポストは「ちょっとしたユーモアがあるものが好き」という奥さまのチョイス。

  • デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。

    各所にアクセントとして使ったOSBボード。素材の持ち味を生かした使い方がおしゃれ。

  • デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。

    夫婦2人が立つキッチンは少し高めの90cm。幅も広くとってあるので使い勝手も抜群。

  • デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。

    扉がほとんどないA邸の収納。オープンな収納でいつもキレイをキープ。

  • デザインにもコストにも、とことん潔いのがかっこいい。

    お手製のピザ釜はご主人の力作。将来的には畑の野菜で手づくりピザ。うらやましい!

→
→
Story(お客様レポート)

 「ナチュラルでもなく、スタイリッシュでもなく、ゴチャゴチャしているけど、ムダはなく…。とにかく“男前な感じで”とお願いしました」。この話を聞いて納得。なぜならこちらは、潔さが気持ちいい本当に“男前な家”だったからです。
 A邸は料理人のご主人と奥さま、小学生の翔琉くんの3人家族。中古物件をリフォーム予定で購入し、子ども同士が同級生で奥さまの仕事でもお付き合いがある西建住宅の西川社長に工事を依頼しました。しかし、大幅な修復で費用もかかることから、西川社長は新築を提案。リフォーム代に少し上乗せして新築できるなら…と、180度の方向転換で家づくりがスタートしました。
 テーマは「食堂のような家」。LDK奥のステンレスキッチンやむき出しの排気ダクトはまさしく食堂の厨房のよう。LDKにトイレが直結しているため目隠し目的で付け足した格子のパーテーションも、飲食店のような雰囲気で「結果、部屋のアクセントになって気に入っています」と、さっぱり。
 また、コストを抑えることもポイントだったので、「コンパクトな作りにして、廊下や間仕切りを作りませんでした。天井もわざとクロスを張らず、2階の床材をそのまま見せています」という工夫も。最小限の塗装やしつらえは、逆に素材のテクスチャーを際立たせています。
 そして、今はまだ空いている南側の敷地。ここはご主人希望の自家菜園になるのだとか。「自給自足できる家になればいいですね」と夢を語ってくれたご主人。男前な食堂は、これからもより楽しく、よりたくましく進化していくようです。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども1人

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    洋を感じる家 自然素材住宅 キッチンにこだわった家 低コストの家 省エネ&エコな家

  • 延床面積

    81.20m²

  • 1F

    48.02m²

  • 2F

    33.18m²

間取りイメージ
  • 1F

  • 2F

この家を建てた地元工務店

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい