工務店数:愛媛 43 /香川 73

実例集:愛媛 6074 /香川 7145

イベント:愛媛 18 /香川 67

香川の家「これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。」|香川の家・愛媛の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

香川県

これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。

  • これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。

    キッチンを壁でセパレートしつつ、動線を遮らない設計は見事。愛犬メグちゃんのために床は滑りにくいものを採用しました。

  • これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。

    洋風の外観に似合うよう庭木にも愛らしい植物をセレクト。バランスのとれた仕上がりに

  • これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。

    玄関脇にはちょっとした応接スペースを設計。細やかな細工が美しい玄関ドアは引き戸にして。

  • これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。

    奥さまのお父さまが35年前にフランスで買ってきたゴブラン織り。額装を整えて、玄関にディスプレイ。

  • これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。

    寝室として使っている和室。布団を収納すれば、昼間は別の使い方も可能。

  • これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。

    丸みを帯びた大きな屋根が印象的な外観。高基礎のため窓の位置も比較的高く、防犯効果も見込めそう。

  • これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。

    機能と収納力で重宝しているキッチン。勝手口への動線もスムーズ。

  • これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。

    高基礎のため、デッキからの眺めも開放的。奥に見えるのは酔芙蓉の花。

  • これからは自分たちのために。悠々とした平屋プラスの暮らし。

    ゆったりと空間を確保したトイレ。洗面ボウルはつゆ草が描かれた信楽焼。

→
→
Story(お客様レポート)

 ベージュの壁に少し丸みを帯びたグリーンの屋根。屋根の下には福島邸のFを意味するロートアイアンのモチーフが愛らしい表情を見せています。
 ご主人の転勤で全国を転々としてきた福島さんご夫妻。マンション暮らしが続いたおふたりでしたが、定年退職後に終の棲家として選んだのは、平屋プラスアルファの一戸建てでした。
 「平屋ということも考えましたが、子どもたちが帰省したときにゆったりと泊まれるスペースを取りたかったので」と、2階にも洋室とご主人の書斎、収納を設計。基本的な暮らしは1階に集約しています。
 LDKを中心にした間取りは、キッチンや洗面所・バスルームともつながっており、動線がスムーズ。この作業性の高さが、コンパクトなのにゆったりした感覚をもたらしました。
 さらに、福島邸は海に近い場所にあるため、万一に備えて高基礎にしてあるのも特徴。この高基礎のおかげで1階部分は他の家よりも高くなるため、窓の外を通る人の視線も気にならず、開放的に使えるのです。また、床下は120センチほどの高さがあるので、普段使わないものを収納しておくこともできます。リビングからウッドデッキにでれば、見おろすように庭が広がる開放感。ゆったりとくつろいで過ごせそうですね。
 これからはたっぷりとれる夫婦ふたりの時間。窓からの風で季節を感じたり、庭木を眺めて晩ご飯の話をする時間も、きっと新鮮味を感じることでしょう。ご主人は以前から続けているウォーキングを楽しみつつも、「来年は庭で家庭菜園をしようかなあ」と話します。穏やかな夫婦の会話を愛犬のメグちゃんがやさしいまなざしで見つめていました。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+犬1匹

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    洋を感じる家 平屋の家

  • 延床面積

    107.40m²

  • 1F

    75.81m²

  • 2F

    31.59m²

間取りイメージ
  • 1F

  • 2F

この家を建てた地元工務店

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい