工務店数:愛媛 48 /香川 64

実例集:愛媛 4746 /香川 5546

イベント:愛媛 10 /香川 34

香川の家「長く住み継ぐという選択。古民家再生でよみがえる住まい。」|香川の家・愛媛の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

香川県

長く住み継ぐという選択。古民家再生でよみがえる住まい。

  • 長く住み継ぐという選択。古民家再生でよみがえる住まい。

    「施工中、仕様の変更を依頼しても柔軟に対応してくれたことなど、佐伯さんの技術力、対応力には驚かされました」とご主人。薪ストーブのまわりには自然と家族が集まります。

  • 長く住み継ぐという選択。古民家再生でよみがえる住まい。

    造り付け家具でスッキリ無駄のないリビングは、大きな窓から和の情緒たっぷりの庭が見えます。一朝一夕にはできない味わいのある庭は、古民家の財産。

  • 長く住み継ぐという選択。古民家再生でよみがえる住まい。

    家の裏には薪をストック。風呂の窓を開けると枯山水が見える仕掛けにしています。

  • 長く住み継ぐという選択。古民家再生でよみがえる住まい。

    一枚板を使った洗面スペース。バスルームやクローゼットにも直結していて使い勝手にも配慮。

  • 長く住み継ぐという選択。古民家再生でよみがえる住まい。

    壁は自然素材の塗り壁を使用。無垢材との相性もよく、調湿効果にすぐれているのが特徴。

  • 長く住み継ぐという選択。古民家再生でよみがえる住まい。

    ロフトのような感覚で使える2階のスペースはご主人の書斎として。縦格子や梁の存在感は見事。

  • 長く住み継ぐという選択。古民家再生でよみがえる住まい。

    縦格子の引き戸が印象的。キッチンから眺められる外の景色も、Kさんと佐伯工務店で作りあげたイメージ通りです。

→
→
Story(お客様レポート)

 門をくぐると苔むした庭があり、玄関前には大きな石を使ったアプローチが。築35年の住まいをリフォームしたK邸は、日本家屋の良さを残しながら、現代の暮らしに住みやすい形に仕上がっていました。
 以前から新築よりも古民家再生の住まいに魅力を感じていたというKさん。古民家を得意とする不動産屋に依頼して1年以上の歳月を経て出会ったのがこの家でした。そしてリフォームを依頼したのは古民家再生の実績をもつ佐伯工務店を指名。もともと洋間2部屋とキッチンだったところをワンフロアのLDKにしたいというご主人の要望に沿ってリフォームは進められました。
 広いLDKを確保するためには構造上必要な柱を残して耐力を保ちつつ、断熱性にも配慮しなければなりません。既存の壁の上から断熱材や気密材を入れ、気密性を高めることで広くても快適な空間を維持しています。「古いものが好きなんです」と言うご主人、ダイニングテーブルにある2脚の椅子はアンティークのもの。一方で新たに加えられた椅子は無垢のもの。Kさんの上質なものを長く使うというスタンスは古民家再生を選んだことにも通じているようです。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども1人

  • 竣工

  • 工法

  • 特徴

    和を感じる家

  • 延床面積

    201.00m²

間取りイメージ
  • 1F

  • 2F

この家を建てた地元工務店

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい