工務店数:愛媛 42 /香川 73

実例集:愛媛 6068 /香川 7145

イベント:愛媛 22 /香川 60

香川の家「設計士がわが家に描いたのはパッシブデザインの心地いい暮らし。」|香川の家・愛媛の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

香川県

設計士がわが家に描いたのはパッシブデザインの心地いい暮らし。

  • 設計士がわが家に描いたのはパッシブデザインの心地いい暮らし。

    飾られていた参観日の手紙には「お父さん、家を作ってくれてありがとう」という萌加(もか)ちゃんからのメッセージ。妹の瑠南(るな)ちゃんとともに、愛情が詰まった家の心地よさを感じているようです。

  • 設計士がわが家に描いたのはパッシブデザインの心地いい暮らし。

    女の子らしいインテリアとナチュラルな無塗装のチーク材が印象的な子ども部屋。天井の太い梁が子どもたちの成長を見守ります。

  • 設計士がわが家に描いたのはパッシブデザインの心地いい暮らし。

    60足のAIR JORDANコレクションを飾るシューズラック。奥にはウォークインクローゼットが続き、セレクトショップのような雰囲気。

  • 設計士がわが家に描いたのはパッシブデザインの心地いい暮らし。

    軒や袖壁、木のデッキなどパッシブデザインの要素を盛り込みつつ、スタイリッシュに仕上げた外観。設計士の美意識が凝縮されています。

  • 設計士がわが家に描いたのはパッシブデザインの心地いい暮らし。

    訪れた人を温かく迎える畳敷きの玄関ホール。この吹き抜けを通して立体的に風が抜けます。

  • 設計士がわが家に描いたのはパッシブデザインの心地いい暮らし。

    袖壁のウインドキャッチャーによって、窓と平行に吹く風を室内に取り込むことが可能に。

→
→
Story(お客様レポート)

 家づくりは未来を描くこと。子どもたちに価値のある家を残してあげたい。そんな気持ちから生まれた社名はMiRaie(ミライエ)。この家は、地元工務店から独立して会社を設立、新しいスタートを踏み出した設計士の塩田さんの自邸です。住み始めてからもうすぐ3年。自らの設計思想を形にした、美しく快適な住まいでした。
 「取り入れたのはパッシブデザインという自然の恵みを生かした設計技術。太陽の光や風の流れなどを使って、設備機器に頼ることなく住環境を整えるというものです。季節や時間で変化する自然の恵みをキャッチして建物をしつらえることで、快適な暮らしが得られます」と塩田さん。たとえば、夏の日差しを遮り冬は陽だまりが得られるように、ひさしや窓の大きさを考えたり、2方向に直線で抜ける風の道を作ったり。敷地に合わせて光や風を取り込むように計画するのも、パッシブデザインの大切な要素なのです。
 さらに、ロケットにも使われている最新の遮熱塗料を使用することで、家のなかの熱変動を抑え、エアコンを極力使わない暮らしを実現。「夏場にクーラーを使ったのはお盆の数日。冬は床暖房を併用することで快適な室内温度をキープします」。確かに、南向きの大開口から入る陽射しは肌にやさしく暖か。そのやわらかな光に包まれるインテリアもまた、暮らしを彩るものへの深いまなざしを持つプロのセンスにあふれています。
 これから作りたい家に関して、「強くて安心な家であることはもちろん、ちょっとおしゃれで友人にうらやましがられるような家を手掛けたい」と語る塩田さん。ご自宅の空間構成やパッシブデザインの手法に、これからの時代に求められる、より成熟した住まいのあり方を見ることができました。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども2人

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    デザイン住宅 性能重視の家 ママ目線の家 自然素材の家 ライフスタイル 洋を感じる家 和を感じる家 キッチンにこだわった家 インテリア&収納にこだわった家 オール電化の家 子育て世代の家

  • 延床面積

    134.97m²

  • 1F

    72.87m²

  • 2F

    62.10m²

間取りイメージ
  • 1F

  • 2F

この家を建てた地元工務店

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい