工務店数:愛媛 44 /香川 73

実例集:愛媛 6074 /香川 7221

イベント:愛媛 9 /香川 66

香川の家「築75年の古民家は、さらに次の100年へ。価値ある家を住み継ぐという選択。」|香川の家・愛媛の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

香川県

築75年の古民家は、さらに次の100年へ。価値ある家を住み継ぐという選択。

  • 築75年の古民家は、さらに次の100年へ。価値ある家を住み継ぐという選択。

    壁を塗り替え、瓦を葺き変えるとまるで新築。新築の予算の半分ほどで快適な住環境が叶うのもリノベーションの魅力。

  • 築75年の古民家は、さらに次の100年へ。価値ある家を住み継ぐという選択。

    天井を取り外し、梁をあらわにした大きな吹き抜け空間が印象的なリビング。北側に増築したキッチンにも光が届くよう天窓を採用。

  • 築75年の古民家は、さらに次の100年へ。価値ある家を住み継ぐという選択。

    屋根の傾斜があるところまでが母屋。キッチンエリアは増築部分。空間を見事に一体化させた技ありリフォーム。

  • 築75年の古民家は、さらに次の100年へ。価値ある家を住み継ぐという選択。

    まるで旅館のような玄関は家族みんなのお気に入り。梁の下に格子をつけて、奥のリビング側にも光と風を呼び込む設計に。

  • 築75年の古民家は、さらに次の100年へ。価値ある家を住み継ぐという選択。

    「一番変わったのがこの場所」とご主人。祖父母が寝室にしていたのでいつも暗かったそう。窓を増やして明るく開放的な和空間に。

  • 築75年の古民家は、さらに次の100年へ。価値ある家を住み継ぐという選択。

    トイレはゆったりと。腰板を貼って上質な空間に。

→
→
Story(お客様レポート)

 築75年の八尾(やつお)の家には増改築した2階建ての家が並び、2?5世帯が暮らしています。今回、和住宅が手がけたK邸は、築75年ということもあり、以前から隙間風による冬の寒さに頭を悩ませていたそう。「新築にするかリノベーションにするか、正直迷いました。でも、社長が屋根裏に上がって梁や柱を見てまわったあと、“まだ100年は住めるよ”と言ってくれたことが背中を押したように思います」とご主人はリノベーションに至った経緯を話してくれました。
 和住宅のリノベーションはまさに住宅再生。壁はすべて取り払い、骨組みだけにして柱の一本一本を再利用可能かどうか見極めています。「一度骨組みだけにして約2ヵ月間じっくりと細部を見てまわります」と和住宅の壺谷社長。強度が足りないところは補強し、骨組みから調整しているのです。職人たちにとってもリノベーションは新築にはない難しさがあります。昔ながらの工法を紐解きながら、その手法にのっとってていねいに仕上げていくことが求められるのです。「私たちは厚化粧のリノベーションはしません。住む人にとって思い入れのある家を、強く、快適な住まいにもう一度生まれ変わらせることが使命」と壺谷社長は加えます。住み継げる快適な空間のためK邸は耐震2を獲得。強さも兼ね備えた家に生まれ変わったのです。
 住み心地はと聞くと、「デコスドライのおかげで冬の朝もふわっとした温もりを感じられますし、結露もありません」との答えが返ってきました。さらにご主人は「ここで育った叔父や叔母がとても喜んでくれました。祖父母が建てた自慢の家をこうして住み継ぐことができたのでうれしく思っています」とも。あらわになった存在感のある梁が家の歴史を物語っています。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども2人+両親

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    性能重視の家 ママ目線の家 自然素材の家 和を感じる家 子育て世代の家 平屋の家

  • 延床面積

間取りイメージ
  • 1F

この家を建てた地元工務店

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい