工務店数:愛媛 40 /香川 73

実例集:愛媛 5222 /香川 7118

イベント:愛媛 11 /香川 41

香川の家「日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。」|香川の家・愛媛の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

香川県

日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。

  • 日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。

    断熱材にデコスドライ工法を用いているのも大きな決め手になったとご夫妻。実際に暮らしてみてその心地よさに驚いたそう。

  • 日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。

    木目が美しいLDK。お部屋の雰囲気に合わせてコーディネイトしたカーテンは、カーテン工房QUATTOにオーダーしたもの。

  • 日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。

    玄関は家の顔。一枚板の式台や正面の丸窓が料亭のような雰囲気。丸窓の向こうに板塀を設け、ミニ盆栽を置けば丸窓は額縁に。

  • 日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。

    ご主人の会社の同僚が来たときに驚いたという軒下の腕木の細工。「まるでお寺みたいやなぁ」と褒めてくれたとか。

  • 日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。

    通りに面した窓にはすべて格子を付けて、和の情緒を演出。歳月を経るほど、味わいを増す和の建築の醍醐味です。

  • 日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。

    リビングに隣接した畳床の和室。開放して使うもよし、客間にもよし。玄関からすぐに招き入れられるよう動線にも工夫が。

  • 日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。

    お母さまに「柱は生きているから釘は刺したらいかん」と言われたというご主人。障子も収まる大きなコルクボードには、時計もかけられます。

  • 日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。

    収納力にすぐれたアヤノの食器棚のおかげでスッキリ。ブラウンで引き締め効果も。

  • 日本生まれの木と職人が作る質感と技が織りなす建築。

    ご主人がこだわった1階のトイレは広々。「掃除もしやすくて大正解でした」と奥さまも大満足!

→
→
Story(お客様レポート)

 玄関を入ると、立ち込める木の香り。深呼吸したくなるような、自然素材をふんだんに使った大喜多邸。和風建築らしい格子窓や無垢の上がり框と一枚板の式台など、和の情緒と気品の漂う佇まいです。
 大喜多邸を手掛けたのが、住む人の五感を大切に、匠の技で仕上げる和住宅。「和住宅の見学会に行ってみると、それまで見た家とはすべてが異なりました」と奥さまは当時を振り返ります。また、実際に建ててみて、社長と面と向かって話ができる関係も功を奏したとのこと。スピード感はもちろん、建築を熟知した社長からのアドバイスも心強かったことでしょう。「和住宅は1棟を1人の棟梁にまかせると聞きました。それが棟梁の自信や責任に繋がるのでしょうね。最後に1棟ずつ社長がチェックするというのもスマートなやり方だと思いましたね」。施主・社長・スタッフ・職人。このバランス感がいい家を建てる要なのでしょう。
 じつは、大喜多さんの家の引き渡しの日に最後のサプライズがあったのだそう。「事務所に行くと、建具職人や大工さんなど総勢28人が集まってくれていたんです。そのみなさんが精一杯の言葉をくださったのには感動しました」とご主人。住む人と作る人をつなぐ、顔の見える家づくり。和住宅の粋なはからいです。
 家づくりは感動の物語。人と人がつながり、作り上げていく尊い作業です。そして最後にご主人は部屋じゅうを見渡しながらこう言いました。「生前、父はよく“おまえが家を持つこと、あるんかのぉ”と言っていました。この家を見ることなく亡くなりましたが、親父に言いたいですね。オレの家、こんなにいい家がようやく建ったよ、と」。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども3人

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    ママ目線の家 自然素材の家 ライフスタイル 和を感じる家 インテリア&収納にこだわった家 子育て世代の家

  • 延床面積

    139.11m²

  • 1F

    94.40m²

  • 2F

    44.71m²

間取りイメージ
  • 1F

  • 2F

この家を建てた地元工務店

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい