工務店数:愛媛 43 /香川 73

実例集:愛媛 6074 /香川 7145

イベント:愛媛 18 /香川 67

香川の家「上質な素材と粋な感性が紡ぎ出す心なごむ、平屋の家。」|香川の家・愛媛の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

香川県

上質な素材と粋な感性が紡ぎ出す心なごむ、平屋の家。

  • 上質な素材と粋な感性が紡ぎ出す心なごむ、平屋の家。

    大屋根をスタイリッシュに見せているのは平板の瓦屋根。違い屋根にすることで上部に窓を取れました。

  • 上質な素材と粋な感性が紡ぎ出す心なごむ、平屋の家。

    屋根勾配を生かした開放的なLDK。違い屋根になっているので上部に窓を取ることができ、通風にもひと役買っています。掃除もラクラクという床は、ツヤ出しを施したチーク。

  • 上質な素材と粋な感性が紡ぎ出す心なごむ、平屋の家。

    ご主人がこだわった玄関はゆったり広々。視線は窓の外まで続き、坪庭の木々が季節の移ろいを見せながら客人を迎えてくれます。

  • 上質な素材と粋な感性が紡ぎ出す心なごむ、平屋の家。

    対面式のキッチンには、ケヤキの一枚板を使用したカウンターを設置しました。

  • 上質な素材と粋な感性が紡ぎ出す心なごむ、平屋の家。

    掃き出し窓の向こうには縁側が。南向きの日当たりのいい空間で、お孫さんと一緒にひなたぼっこ。

  • 上質な素材と粋な感性が紡ぎ出す心なごむ、平屋の家。

    和室はLDKの隣に設計。奥の障子を開ければ玄関にもつながっているので来客時にも使用。

  • 上質な素材と粋な感性が紡ぎ出す心なごむ、平屋の家。

    何層にもなった塀は今田作庭園の庭師の腕が光る版築壁。中央部には庵治石をあしらいました。

→
→
Story(お客様レポート)

 なめらかな曲線を描く無垢のヒノキの框を上がると、ツヤのある廊下が奥の坪庭へと誘導し、優美な印象を与える玄関。大きなガラス窓の向こうには坪庭が広がっており、わびさびの世界を感じさせてくれます。「実はこの庭、お風呂からも眺められるようになっているんですよ」と奥さま。ご主人たっての希望で、坪庭を生かした、内と外が融合する空間を作り出したのだとか。浴室の窓を開けるとまるで露天風呂の趣きです。
 室内はヒノキをメインに無垢の木々を多用し、塗り壁にこだわるなど、すべてが本物志向。造作家具も部屋を上質に彩ります。間取りは夫妻の希望に和住宅の提案をプラス。暮らしのシーンを想定した工夫が随所に施されています。例えば浴室と洗面所の近くに通路兼収納スペースを設け、わざわざ取りに行かずに済むよう着替えを集約しています。また、玄関、和室、LDKをつなぐラインを作り出し、来客時にはリビング側の扉を閉めて和室へ通し、普段は玄関側を閉めてLDKと和室を一体化させる開放的な間取りにしているのです。まさにムダのない設計ですね。さらに、機能面でいえば断熱方法にデコスドライ工法を取り入れており、夏の涼しさと冬の暖かさを両立。「冬場、仕事から帰って来ても部屋に温もりが残っているんです。日中、南の窓から入る日射のおかげですね。逆に夏場は遮光カーテンをして出かけるので、室内の温度の上昇は避けられます」とのこと。
 「和住宅で家を建ててみて感じるのは、細やかな感性。私たちが望むことを専門的な知識と経験でプラスアルファの提案をしてくれました」とご主人も太鼓判を押します。近い将来、南側の庭には雑木風の庭園を作る予定なのだとか。住むほどによさを体感できる本物の家が完成しました。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども1人

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    性能重視の家 自然素材の家 和を感じる家 頑丈な家 平屋の家

  • 延床面積

    128.60m²

間取りイメージ
  • 1F

この家を建てた地元工務店

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい