工務店数:愛媛 44 /香川 73

実例集:愛媛 6074 /香川 7221

イベント:愛媛 9 /香川 66

愛媛の家「どこにいても孤立しない 家族が一体感をもって過ごせる家」|愛媛の家・香川の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

愛媛県

どこにいても孤立しない 家族が一体感をもって過ごせる家

  • どこにいても孤立しない 家族が一体感をもって過ごせる家

    リビングに近いイメージの外観。次世代断熱材などの使用により快適性も高い。

  • どこにいても孤立しない 家族が一体感をもって過ごせる家

    「素材感を残したまま全体の雰囲気に合うように塗ってもらった梁」など木の風合いが生きた明るさと落ち着きを両立したLDK。

  • どこにいても孤立しない 家族が一体感をもって過ごせる家

    造り付けの棚は見せる収納として部屋のアクセントにも。窓際の机スペースも便利。

  • どこにいても孤立しない 家族が一体感をもって過ごせる家

    ゲストからは見えないよう凹ませた学校のプリントを磁石で貼れるボードも設置。

  • どこにいても孤立しない 家族が一体感をもって過ごせる家

    部屋の雰囲気に合うブラウンの樹脂サッシ。結露しにくいなどのメリットもある。

  • どこにいても孤立しない 家族が一体感をもって過ごせる家

    高さが絶妙のロフトのおかげで、居住空間、収納ともに広々の子ども部屋。ロフトにも窓があり明るい。

  • どこにいても孤立しない 家族が一体感をもって過ごせる家

    デッドスペースになりがちな場所に棚を作った寝室。右の扉はウォークインクローゼットに通じるようになっている。

  • どこにいても孤立しない 家族が一体感をもって過ごせる家

    階段横と下部を収納スペースとして利用。反対側にも扉があり出し入れも楽々。

→
→
Story(お客様レポート)

 小学校に慣れた子どもが転校しないですむ場所に家を建てられたら、そう思っていたA夫婦。そんな矢先にA主人の仕事で縁のあった業者が扱う分譲地が同じ校区内にあることを知り、マイホームを建てることを決意した。
 「子どもが思春期を迎えても対話を持てるような家」を目指した空間は、A夫人がキッチンにいながらにして2階の子ども部屋やリビングに声が届き、一体感が持てるデザインに。「梁の見える天井が好き」という希望通りとなったリビングは、白とブラウンで統一されリラックスできる落ち着いた空間に仕上がっている。また1階のリビングとは別に2階に“プチリビング”もある。ここは客間としても使う1階のリビングとは違い、完全なプライベート空間。「小さなテレビや冬はコタツを置いて、まったりと過ごし」、隣の寝室に移動してすぐ就寝できてとても楽なんだとか。プチリビングに賃貸住宅時代から使っているものを置くことで、新居がすぐに慣れ親しんだ空間になったという。
 スペースを有効に使った階段下のスペースや2階のウォークインクローゼットなど容量もたっぷりと確保され、家具を置かずにすっきりと収納できるところもA夫人のお気に入りポイント。「部屋の雰囲気にマッチする造り付けの棚など“見せる収納”なども見た目もよく便利です」と実感している。
 収納も空間も欲しかった子ども部屋にはロフトを造ってもらい、希望を両立。「ロフトにいても圧迫感がなく、下の収納スペースも使いやすいちょうど良い高さ」になっている。自分のスペースができた子どもも今まで以上に楽しそうな顔を見せてくれるようになり、想いの叶ったマイホームが完成した。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども1人

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    ママ目線の家 ライフスタイル インテリア&収納にこだわった家 子育て世代の家

  • 延床面積

    96.68m²

  • 1F

    54.04m²

  • 2F

    42.64m²

間取りイメージ
  • 1F

  • 2F

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい