工務店数:愛媛 40 /香川 73

実例集:愛媛 5222 /香川 7118

イベント:愛媛 11 /香川 41

愛媛の家「効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家」|愛媛の家・香川の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

愛媛県

効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家

  • 効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家

    シンプルながら特徴のある外観。効率や実用性はもちろん、見た目も重視。家を囲む塀の一部に枕木を使うなど、さり気ないところにデザインへのこだわりも見える。

  • 効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家

    生活動線を考えた造りに。キッチンから廊下を抜けると水回りにつながる。キッチンカウンターには棚を造作。調味料などの収納兼流しなどの目かくしにもなる。

  • 効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家

    玄関から入ってすぐキッチンへ行けるように、扉を2つ設置。買い物などすぐ冷蔵庫へ収納できるようになっている。実用性だけでなく、メープルのフローリングでオシャレ感もアップ。

  • 効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家

    壁はもちろん天井や収納のなかまでもオフホワイト。統一感のあるカラーリングが、空間をより広く見せてくれる。リビング階段は壁で半分隠しているので、熱効率もいいLDKになっている。

  • 効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家

    LDKに隣接する和室。吊り収納には間接照明を入れるなど、デザインへのこだわりも。限られた予算のなか、こうした細やかな注文にも七福ホームが応えてくれたそう。

  • 効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家

    玄関ホールの壁面はすべて収納に。あらゆるところに収納もたっぷり。

  • 効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家

    2階寝室にはロフトを設置。ロフトには書斎として活用するため、造り付けの机も。

  • 効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家

    2階のベランダの壁面にも遊び心あり。見える景色も考えて空間を造っている。

  • 効率と使い勝手を考えた電気を作って働く家

    屋根全面に太陽光パネルを乗せている。もっとも効率がよいように屋根の広さや傾斜を計算したのだとか。和室とLDKにまたがるように、ひと部屋分はある広いウッドデッキを取り付けている。

→
→
Story(お客様レポート)

 片流れの屋根とオフホワイトの外観が、シンプルでムダのない印象を作り出しているF邸。その外観のイメージと同様に、実用性を考え尽くしているのがこの家の特徴だ。なかでも、当初からこだわっていたのが太陽光発電システム。のちのちのランニングコストを考えて、現状でもっとも性能のいい発電システムを検討することから家づくりを始めた。同時に、施工会社もあらゆる会社を調べたうえで決定。最終的に選んだのは七福ホームだった。決め手は見積もり金額と対応だというF主人。再生可能エネルギーの固定価格買取制度の対象になる10KW以上の太陽光発電システムも取り付けて「予算内で細やかな希望に応えてくれた」と、効率にも仕上がりにも満足がいく家になった。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども1人

  • 竣工

  • 工法

    2×4工法

  • 特徴

    性能重視の家 ローコスト住宅 オール電化の家

  • 延床面積

    100.19m²

  • 1F

    54.65m²

  • 2F

    45.54m²

間取りイメージ
  • 1F

  • 2F

  • 3F

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい