工務店数:愛媛 55 /香川 70

実例集:愛媛 5124 /香川 5572

イベント:愛媛 8 /香川 29

愛媛の家「住み慣れた家を自然素材の家へ 2世帯で暮らす終の棲家」|愛媛の家・香川の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

愛媛県

住み慣れた家を自然素材の家へ 2世帯で暮らす終の棲家

  • 住み慣れた家を自然素材の家へ 2世帯で暮らす終の棲家

    ダイニングキッチンに隣接するリビングへと生まれ変わった。欄間と梁はあえて残して施工。

  • 住み慣れた家を自然素材の家へ 2世帯で暮らす終の棲家

    ダイニングキッチンには天然木のカウンターを設け、お茶やお酒を楽しんでいる。

  • 住み慣れた家を自然素材の家へ 2世帯で暮らす終の棲家

    以前の構造はそのままに、玄関には木の素材を生かした下駄箱と収納棚を設けた。

  • 住み慣れた家を自然素材の家へ 2世帯で暮らす終の棲家

    新しくなった板の間のダイニングには大きな天然木のテーブルを構え、来客にも対応できる。

  • 住み慣れた家を自然素材の家へ 2世帯で暮らす終の棲家

    娘さんのセンスに任せたというキッチン。タイルと木目がマッチしたかわいい空間になった。

  • 住み慣れた家を自然素材の家へ 2世帯で暮らす終の棲家

    娘さん家族の居室。木の温もりに囲まれてリラックスできる。

→
→
Story(お客様レポート)

 娘さん家族の同居をきっかけにリフォームを決意したご家族。3歳になるお孫さんが健康で暮らせるよう、愛媛県産材や自然素材を積極的に使用している新日本建設でフルリフォームをすることに。
 築25年の純和風だった自宅は、床や天井に化粧合板を使用しているところが多かったため、すべて無垢材に取り替えた。リビングの床材には、「地松」と呼ばれる国産松を使用。「地松」は適度な油を含むため年月が経つごとにツヤが出て、強度も増していくというすぐれた特徴を持っている。また、リビングのテーブルやダイニングキッチンのカウンターなど、木の素材を生かした職人造作の家具が空間に溶け込んでいる。
 2世帯なので、母娘のふたりでキッチンに立つことも多い。十分なスペースを取って作業台を設けたことで、毎日の料理をストレスなく行えるよう工夫した。ダイニングキッチンの隣りにあるリビングは、和の趣きのなか家族全員でくつろげる場所になっている。
 娘さん家族のプラベートも考慮し、別リビングと子ども部屋も確保。無垢材に囲まれた理想的な2世帯住宅のおかげで、家族の絆もより強くなりそうだ。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    両親+夫婦+子ども1人

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

  • 延床面積

    134.46m²

間取りイメージ
  • 1F

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい