工務店数:愛媛 44 /香川 71

実例集:愛媛 5032 /香川 6655

イベント:愛媛 17 /香川 46

愛媛の家「土地の制約を逆手に取った 未来の二世帯が快適に暮らす家」|愛媛の家・香川の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

愛媛県

土地の制約を逆手に取った 未来の二世帯が快適に暮らす家

  • 土地の制約を逆手に取った 未来の二世帯が快適に暮らす家

    バス停の看板がデザインのひとつに見える外観。限られたスペースにも緑を置き玄関を彩る。

  • 土地の制約を逆手に取った 未来の二世帯が快適に暮らす家

    ブルーの壁に4つの窓を配置。採光を取り入れる実用性とデザイン性も兼ね備えたステキな空間に。

  • 土地の制約を逆手に取った 未来の二世帯が快適に暮らす家

    キッチンの上には収納や趣味空間として使えるロフトを設け、漆喰や無垢材を使った内装で心地いい空間に仕上げている。

  • 土地の制約を逆手に取った 未来の二世帯が快適に暮らす家

    建物の高さがあり、縦長いファサードがおしゃれに見えるようにデザイン。ガルバリウムを横張りにし、4つの窓をまとめて配置した。

  • 土地の制約を逆手に取った 未来の二世帯が快適に暮らす家

    リビングは2段分床面を下げ、天井まで3.8mという上への開放感と、中庭への視線の抜けで広がりを演出。

  • 土地の制約を逆手に取った 未来の二世帯が快適に暮らす家

    スキップフロアで広さと新たな空間を作り上げた。

  • 土地の制約を逆手に取った 未来の二世帯が快適に暮らす家

    壁も機能的な収納スペースのひとつ。

  • 土地の制約を逆手に取った 未来の二世帯が快適に暮らす家

    ダイニングキッチンとリビングをつなぐ空間に設けたワークスペース。1.8mもある長いカウンターデスクと棚を造り付けに。

→
→
Story(お客様レポート)

 古くなり、修繕が必要な箇所も出てきた実家を、両親が快適に暮らせる家に建て替えたいと思っていたNさん。間口4mの細長い土地に二世帯住宅を希望していたため、快適に暮らせる広さを確保できるか不安に思っていたという。そんなときコラボハウスから、スキップフロアにすることで広さを確保し、親世帯・子世帯が適度な距離を持って仲良く暮らせる間取りの提案に魅力を感じ、建て替えを決意。敷地の面積と形状という制約のなかで、スキップフロアやワークスペースなど、こだわりの空間が実現した。
 「家を建てる際に大切なのは、暮らしを想像し、要望を伝えること」とNさん。無理そうな要望でもさまざまなアイディアを駆使し、理想通りの家ができあがった。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    両親+子ども

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    二世帯住宅の家

  • 延床面積

    89.43m²

  • 1F

    43.06m²

  • 2F

    46.37m²

間取りイメージ
  • 1F

  • 2F

  • 3F

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい