工務店数:愛媛 42 /香川 73

実例集:愛媛 6068 /香川 7145

イベント:愛媛 9 /香川 62

愛媛の家「離れのようにも使える白と黒の箱の家」|愛媛の家・香川の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

愛媛県

離れのようにも使える白と黒の箱の家

  • 離れのようにも使える白と黒の箱の家

    ふたつの箱が並んでいるような、個性的な外観。白がガレージとウッドデッキ。黒がリビングと居室に分かれている。

  • 離れのようにも使える白と黒の箱の家

    2階にあるリビングダイニング。キッチン部分を入れて約25帖の広さに床暖房を完備。奥には和室コーナーも用意している。家具や照明はM主人の趣味でもともと持っていたものだとか。

  • 離れのようにも使える白と黒の箱の家

    広々とした玄関ホール。階段は2階のリビングダイニングにつながっている。階段の反対に廊下があり、1階が子ども部屋と夫婦の寝室になる。

  • 離れのようにも使える白と黒の箱の家

    リビングと一直線でつながるウッドデッキも約15帖の広さ。白の壁の奥には洗濯物干しスペースがあって、こちらは屋根付き。雨の日でも洗濯物を干せるように造っている。

  • 離れのようにも使える白と黒の箱の家

    玄関ホールにはフィックス窓を造り、外に坪庭を設けている。

  • 離れのようにも使える白と黒の箱の家

    2階のキッチンの右奥は、冷蔵庫や食器棚、食品庫としても使えるスペースに。扉を閉めれば生活感がまるで見えない。左隣がユーティリティ。

  • 離れのようにも使える白と黒の箱の家

    子どもが階段へ勝手に降りないように、階段とリビングの間を仕切る引き戸。これも、柵を付けるのではなく、リビングのイメージに合わせて造作したもの。

  • 離れのようにも使える白と黒の箱の家

    1階の夫妻の寝室の奥にあるM主人の書斎。書斎へ行くまでに廊下があり、その廊下には天井まで高さのある造り付けの本棚も。これからM主人のコレクションを並べる予定だとか。

→
→
Story(お客様レポート)

ふたつの箱が連なっているように見える、ユニークな外観のM邸。白の箱はビルトインガレージとウッドデッキ、黒の箱に居室が入っているようなデザインもおもしろい。内装も、外観同様に個性的でスタイリッシュ。M主人の趣味でそろえたインテリアとのコーディネイトもバッチリの仕上がりだ。
 M夫妻が家を建てようと思ったのは約2年前。両親から「そろそろ家を」と言われたこともあって、土地から探し始めた。
 同時に展示場や完成見学会へ参加することもスタート。そのなかで出会ったのが“建築家とつくる家”のイベントを行っていた日吉産業だった。
 「家のデザインもよかったですし、自分たちの好きなようにできる自由設計もいいと思いました」とM夫人。その後も定期的に日吉産業の主催する見学会に参加し「日吉産業なら、ほかのところではつくれない自分たちのこだわりが実現できる」と確信し、施工をお願いすることに決めたという。同じ時期に土地も決まって、間取りの打ち合わせも始めた。デザインのイメージや部屋数の要望は決まっていたが、間取りについてはしっかりとしたこだわりがなかったため、方針を決めるのに7~8ヶ月かかった。「私たちの無理な要望もきちんと聞いてくれて、それに応えるプランを何度も出してくれました。夫婦でも話し合いを重ねるうちに、悩んでいた間取りも納得できるプランになりました」とM夫人。最終的に選んだのは、2階にリビングをつくり、ウッドデッキとつなげるプランだった。「リビングと一体のようにウッドデッキがあるので、ものすごく広く感じますね。それに水まわりもすべて2階に持ってきたので家事も楽です」と、予想以上の効果に満足しているようすだ。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども1人

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    デザイン住宅 性能重視の家 ママ目線の家 ライフスタイル キッチンにこだわった家 頑丈な家 インテリア&収納にこだわった家 オール電化の家

  • 延床面積

    158.67m²

  • 1F

    87.46m²

  • 2F

    71.21m²

間取りイメージ
  • 1F

  • 2F

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい