工務店数:愛媛 42 /香川 73

実例集:愛媛 6068 /香川 7145

イベント:愛媛 23 /香川 38

愛媛の家「段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家」|愛媛の家・香川の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

愛媛県

段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家

  • 段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家

    ガリバリウム鋼板と塗り壁を用いた外観。

  • 段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家

    約11帖のLDKだが、ガラスの室内窓やスキップフロアでの段差、斜めに仕切った空間などの手法で実際よりも広く感じる。天井まで3.4mの高さを取っているのも、開放感を演出するポイント。

  • 段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家

    キッチンはLDKの壁越しで、低い位置に。あえてダークなカラーリングに抑えてLDKの白とのメリハリを付けた。スリットから絵画のようにLDKを見渡せる。

  • 段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家

    LDKにつながる場所に主寝室を用意。この部屋も空間を斜めにした効果で、実際よりも広く感じる。床材は空間ごとにカラーリングと材質を分けており、無垢の栗を使用。

  • 段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家

    上下に効果的な段差を設けたLDK。スリットの下のカウンターはキッチンとの対面で掘りごたつ式に。

  • 段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家

    右の写真で、左下の階段を降りたところから見たLDK。階段をイス代わりにも使えて、空間にムダがない。

  • 段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家

    1階のビルトインガレージから、写真中央が玄関のエントランスホール、写真左手の入り口から1階の居室につながる。

  • 段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家

    ゼイタクに取った玄関のエントランスホール。らせん階段も様になる。

  • 段差を有効活用して広がりを演出した35坪の家

    トイレ、手洗い、バスルームにつながりを持たせるため、あえて仕切っていない。

→
→
Story(お客様レポート)

 敷地約38坪に、ビルトインガレージと中庭を取り入れたM邸。ふつうなら室内がせまく感じるサイズだが、写真を見てもわかる通り、M邸は広々とした居住空間を生み出している。「自然の木を使っている雰囲気とデザインが好きで、藤山住宅さんに決めましたがお願いして正解でした」とM夫妻。理想のライフスタイルのイメージを伝えて設計士におまかせだったが、想像をはるかに越える新居に仕上がったという。広く見せる工夫として、スキップフロアの段差を有効活用。さらに、空間の仕切り方を斜めにしたり、ガラス扉を要所に配置したり、あらゆる手法が施されている。また広さを演出するための工夫が、そのままオシャレにもつながり、M邸にしか出せない空気感を醸す家になった。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

  • 延床面積

    113.85m²

  • 1F

    43.89m²

  • 2F

    69.96m²

間取りイメージ
  • 1F

  • 2F

  • 3F

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい