工務店数:愛媛 48 /香川 64

実例集:愛媛 4746 /香川 5546

イベント:愛媛 8 /香川 51

愛媛の家「木の良さを最大限に生かした匠の技の本格木造住宅」|愛媛の家・香川の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

愛媛県

木の良さを最大限に生かした匠の技の本格木造住宅

  • 木の良さを最大限に生かした匠の技の本格木造住宅

    軒先の野地板や垂木をあえて見せ、漆喰壁のイメージで仕上げた古民家風のつくり。軒を支える3本の柱には、天然ヒノキの生節を使うというこだわりよう。

  • 木の良さを最大限に生かした匠の技の本格木造住宅

    かば桜の無垢フローリングと綾織の畳敷きで仕上げたリビング。壁は調湿作用のある珪藻土塗りに、一部エコカラットを使用。明るい色合いの空間に、という希望に合った仕上がりに大満足。

  • 木の良さを最大限に生かした匠の技の本格木造住宅

    高級感あふれる御影石の玄関土間。ホールは砂壁に杉正目の腰板を張り、床はかば桜の無垢フローリングを使用。

  • 木の良さを最大限に生かした匠の技の本格木造住宅

    木の温もりと、トップランナー基準をも満たした省エネルギー住宅。

→
→
Story(お客様レポート)

古民家風の平屋造りが懐かしい和の佇まいを感じさせるS邸。家づくりを任せた山内建匠の匠とは幼なじみの仲、というS主人。三代目を受け継ぐ腕の立つ大工であることは以前から知っており、家を建てるなら彼に、と決めていたのだそう。S一家が匠に伝えた家のイメージは、「平屋建てで廊下は造らず、リビングとすべての部屋が直接つながるつくりに」。そうしてでき上がったのが、リビングを中心として、周囲にダイニング&キッチン、主寝室、子ども部屋を配した間取り。玄関との行き来はどの部屋も必ずリビングを通るというのがポイントだ。S邸の最大のこだわりは、木の良さを生かした家づくり。木材の種類や特徴を熟知する匠から木の適材適所の提案を受け、各部位や空間に合った無垢材を使用。なかでも目を引くのは、木目が美しい国産ケヤキの大黒柱。天井の梁に使った6mのヒノキ角材や杉正目の天井板も貴重な逸品だ。年月を経てなお味わいが増す、そんな素材の良さが“愛着の持てる住まい”を生む。

気になるHousing Data
  • 家族構成

    夫婦+子ども2人

  • 竣工

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

  • 延床面積

    126.28m²

間取りイメージ
  • 1F

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料です。 安心してご連絡下さい