(株)谷本建設の住宅実例「平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用」【香川の家】

(株)谷本建設

実例集実例集

4

香川県平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用

平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用 画像1枚目
平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用 画像6枚目
平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用 画像7枚目
平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用 画像8枚目
平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用 画像9枚目
平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用 画像10枚目
平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用 画像11枚目
平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用 画像12枚目
平屋ベースの家でスマートな暮らしを実現 デッドスペースをなくして空間を有効活用 画像13枚目
 「谷本建設が建てた家は一棟ずつ個性があって、ここなら自分たちらしい家ができるのではと思いました」と話すご主人。ご夫婦の想いと谷本建設の技術が共鳴し合ってできた住まいにお邪魔しました。
 招かれると30帖ほどあるLDKが現れ、ゆるやかな勾配天井が奥に向かうにつれて高くなっており、開放感に包まれます。また南側の窓は視線が抜けるので、タイルデッキまでリビングの続きのような感覚に。広がりを感じる平屋ベースの家です。周囲にマンションや戸建てが並ぶ立地条件のなか、ネックとなったのは採光だったといいますが、大きめのトップライトを2ヵ所設けたり、吹き抜け上部の窓などを使って上手に自然光を取り入れています。
 さらに空間の使い方も見事。階段上に2部屋ありますが、その下には高さ140cmの小部屋を作りパントリーやお子さんの遊び場として活用。延べ床としてカウントしないため、3LDKの間取りですが、実際は6LDKほどの空間を確保しており、家じゅうを無駄なく使っているのです。2階の上のロフトではなく、下に空間を作ることで使い勝手のいいスペースが生まれました。これから住み続けるほどに、家のよさを実感できそうです。
間取り図
このおうちの“ココ”が気になる
お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせはこちらまで

0078-6000-32286
営業時間 9:00~18:00(定休日:日曜(予約の場合は営業))
※光IP電話、およびIP電話からご利用される場合は以下の番号へおかけください
(株)谷本建設 0877-35-7518
ハウジングデータ
  • 設計者名

    (株)谷本建設

  • 施工社名

  • 延床面積

    134.15m²

  • 建築工事完了日

    2020年11月

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    • デザイン住宅
    • 洋を感じる家
    • キッチンにこだわった家
    • オール電化の家
    • 子育て世代の家
    • 平屋の家
  • 使用メーカー

    トイレ:
    キッチン:
    照明:
    窓・サッシ:

  • 設備・施設

この家を建てた工務店
(株)谷本建設
  • 住所

    坂出市加茂町甲456-4

  • 電話番号

    0877-35-7518

  • 営業時間

    9:00~18:00

  • 定休日

    日曜(予約の場合は営業)

工務店の詳細ページを見る
最短3分

カタログ
資料請求

カタログ資料請求
らくらく安心!情報満載のカタログをもらおう
カタログ・資料を請求するカタログ・資料を請求する

工務店のカタログ・資料には情報が盛りだくさん。
家づくりの思いやこだわりを見てみよう。

実例集一覧へ