常小春の家/協同組合耐震・省エネルギー・エコロジー住宅を創る工務店ネットワークかがわ(TSE)

実例集実例集

19

香川県30年後も資産価値がある住まいをパッシオパッシブビレッジに見に行こう

30年後も資産価値がある住まいをパッシオパッシブビレッジに見に行こう 画像1枚目
30年後も資産価値がある住まいをパッシオパッシブビレッジに見に行こう 画像6枚目
30年後も資産価値がある住まいをパッシオパッシブビレッジに見に行こう 画像7枚目
30年後も資産価値がある住まいをパッシオパッシブビレッジに見に行こう 画像8枚目
30年後も資産価値がある住まいをパッシオパッシブビレッジに見に行こう 画像9枚目
30年後も資産価値がある住まいをパッシオパッシブビレッジに見に行こう 画像10枚目
30年後も資産価値がある住まいをパッシオパッシブビレッジに見に行こう 画像11枚目
30年後も資産価値がある住まいをパッシオパッシブビレッジに見に行こう 画像12枚目
 今までこんな建売住宅があったでしょうか。パッシオパッシブビレッジにはこれまでの住宅の概念を打ち崩すすべてが揃っていました。
 今の日本の住宅は30年もすれば価値がなくなると言われ、そのためスクラップ&ビルドを繰り返しています。その理由は4つあると佐藤社長。「まずは性能、材料、そしてデザイン、最後に景観です。これらの要素をクリアした本当に価値ある住まいを作り出すことが、建築業界にいる我々の使命です」。この考えのもと、住環境を集落という単位にまで広げてデザインしているのがパッシオパッシブビレッジなのです。
 その住宅は、断熱性能と日射取得・遮蔽により暖房負荷を下げたパッシブ設計。UA値は0.25とZEH基準の0.6を大きく下回ります。このように世界基準を満たした高性能住宅は、30年後の日本においてもトップクラスの性能を維持できるでしょう。また、本物の素材を使うからこそ年月を経ても古びた印象を与えず、ビンテージ感覚で新たな価値を創出していくことができます。そんな永続的な暮らしの創造が、常小春の家の家づくりの根底には流れています。
間取り図
このおうちの“ココ”が気になる
お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせはこちらまで

0877-89-5780
営業時間 9:00~18:00(要予約)(無休(お盆、年末年始を除く))
ハウジングデータ
  • 設計者名

  • 施工社名

    常小春の家/協同組合耐震・省エネルギー・エコロジー住宅を創る工務店ネットワークかがわ(TSE)

  • 延床面積

    105.15m²

  • 建築工事完了日

    2019年03月01日

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

  • 使用メーカー

    トイレ:
    キッチン:
    照明:
    窓・サッシ:

  • 設備・施設

この家を建てた工務店
常小春の家/協同組合耐震・省エネルギー・エコロジー住宅を創る工務店ネットワークかがわ(TSE)
  • 住所

    丸亀市垂水町3145-1

  • 電話番号

    0877-89-5780

  • 営業時間

    9:00~18:00(要予約)

  • 定休日

    無休(お盆、年末年始を除く)

工務店の詳細ページを見る
最短3分

カタログ
資料請求

カタログ資料請求
らくらく安心!情報満載のカタログをもらおう
カタログ・資料を請求するカタログ・資料を請求する

工務店のカタログ・資料には情報が盛りだくさん。
家づくりの思いやこだわりを見てみよう。

実例集一覧へ