工務店数:愛媛 42 /香川 73

実例集:愛媛 6068 /香川 7145

イベント:愛媛 22 /香川 60

(株)白川建設 (愛媛県新居浜市)|愛媛の家・香川の家の新築・注文・工務店・住宅情報サイト

木を知っているからこそ “手刻み”にこだわる家づくり

 現在、木造軸組工法で施工される住宅のほとんどで、プレカット(工場で加工済みの木材)が採用されています。匠による手刻みは激減し、職人技術も衰退の一途をたどっていますが、その要因は、工期短縮やコスト削減、機械化などがあげられます。
 そもそも「木造軸組工法」とは、柱・桁・梁・筋交いなどの基軸の組み合わせによって躯体を構成する工法です。すなわち、どんな品質の木材を、どのくらいの大きさで、どのような継手(つぎて)で組むかが重要となります。弊社では、木材販売業で練り上げたノウハウを生かし、品質のいい無垢材だけを社長みずからが仕入れています。そして匠が木材の特性を見極め、柱・桁・梁・補強(筋交い)にと目的に応じて樹種を使い分け、かかる荷重も考えつつ適切な大きさの木材を選定し、手刻みで加工を施します。これらを複雑に組み合わせていくことで、より強い躯体ができ上がるのです。
 木は生きています。工業製品ではありません。生きているから個性があり、生育環境によってさまざまに変形します。それを知っているからこそ、匠はみずからの手で刻んでいます。
 白川建設の施工事例は実に多彩です。それは、お客さまの夢や思いをシェアし、セッションを重ねて形にした結果であり必然です。多彩な住空間を実現しながらも忘れてはいけないことがあります。
 伝統、歴史、家づくりに関わるすべての人との絆を大切にしながら、白川建設の匠たちは今日もお客さまの夢を創り続けています。

手がけた実例はコチラ
→
→

気になるおうち、地元工務店に聞きたいことや、カタログ・資料請求をしたい場合はこちらからお問合せ下さい。

※直接ご連絡する場合は「愛媛の家・香川の家」を見たとお伝えいただくとスムーズに受付ができます。
※お問合せ、資料請求は 全て無料 です。 安心してご連絡下さい