(株)白川建設の住宅実例「デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家」【愛媛の家】

(株)白川建設

実例集実例集

2

愛媛県デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家

デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家 画像1枚目
デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家 画像6枚目
デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家 画像7枚目
デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家 画像8枚目
デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家 画像9枚目
デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家 画像10枚目
デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家 画像11枚目
デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家 画像12枚目
デザイン性と快適性を両立 つながりを大切にした木の家 画像13枚目
 リフォームを繰り返していたご主人の実家を建て替えて、快適な暮らしを手に入れようと思い立ったご夫婦。以前、白川建設の見学会へ訪れたとき、木の風合いにひと目惚れし「頼むなら、ここにしよう」と決めていたそう。友人宅を手がけていたこともあと押しとなり、ご夫婦の新居づくりが静かに幕を開けた。
 仕切りは最小限とし、ワンルームのようになっている住まい。引き戸や建具は格子状のものを使うなど、家全体のつながりを意識している。2階の寝室もロフトのようなイメージで、リビングと同空間だ。ほぼお任せだったが、ひとつだけ「やりすぎないで」と伝えたというご主人。これは、白川建設が得意とする丸太を使用するような建て方ではなく、スッキリとした印象に仕上げて欲しいということ。それに応えるよう、梁にはなるべく節のないものを使い、洗練された空間美を追求した。
 これだけの大空間で、夏も冬も健やかに過ごすには、断熱性能を向上させる必要がある。通常よりもハイグレードの断熱材や、樹脂サッシを使用するなど工夫を重ね、心地いい温熱環境を整えた。もちろん省エネなので、心にも体にもやさしい木の住処が誕生した。
間取り図
このおうちの“ココ”が気になる
お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせはこちらまで

0078-6000-32502
営業時間 8:00~18:00(定休日:無休)
※光IP電話、およびIP電話からご利用される場合は以下の番号へおかけください
(株)白川建設 0897-41-1324
ハウジングデータ
  • 設計者名

  • 施工社名

    (株)白川建設

  • 延床面積

    123.04m²

  • 建築工事完了日

    2018年02月01日

  • 工法

    木造軸組工法

  • 特徴

    • 自然素材の家
    • 和を感じる家
  • 使用メーカー

    トイレ:
    キッチン:
    照明:
    窓・サッシ:

  • 設備・施設

工務店からのメッセージ

わたしたち、白川建設は住宅に正解は無いと考えます。
たとえ、どんなに凄い建築家に認められても、どんな賞をもらっても、
お施主様に満足いただけなければ全く意味がありません。
住宅に正解があるとすればお施主様だけが判断出来るものです。
白川建設はお施主様に100%満足いただける家づくりを全力で目指します。

この家を建てた工務店
(株)白川建設
  • 住所

    新居浜市御蔵町3-29

  • 電話番号

    0897-41-1324

  • 営業時間

    8:00~18:00

  • 定休日

    無休

工務店の詳細ページを見る
最短3分

カタログ
資料請求

カタログ資料請求
らくらく安心!情報満載のカタログをもらおう
カタログ・資料を請求するカタログ・資料を請求する

工務店のカタログ・資料には情報が盛りだくさん。
家づくりの思いやこだわりを見てみよう。

実例集一覧へ